お風呂

女の腹

女性の間で簡単な痩身方法として話題なのが、全身浴です。この全身浴とは、肩まで41℃から42℃の温度のお風呂につかる入浴法のことです。 なぜ全身浴が痩身に効果的かというと、消費カロリーが高いからです。熱いお風呂に入ると、心臓は激しく働くために新陳代謝が促されて消費カロリーが増えます。お風呂で全身浴をすると、ジョギングに相当する消費カロリーがあります。なので、効率的に痩せることができます。 また、熱い湯に入ると老廃物の排出が促され、デトックス効果が期待できます。その上、水圧が高まるために体に効果的に圧を与えられます。よって、足やお尻に付きやすいむくみがとれやすくなります。その他にも40度以上のお湯に入ると、自然と食欲を抑えられます。ですから、全身浴は非常に効果が高い痩身法と言えます。

全身浴でより痩身効果を得たいならば、浴槽に天然塩を入れると良いです。天然塩は、ミネラル豊富な海塩か岩塩が最適です。お風呂に塩を入れることで、体の末梢血管の血流がよくなります。その結果、発汗が促され、カロリー消費が促進されます。よって、より痩身効果を得ることができます。おまけに血流が良くなることで、湯冷めしにくくなります。ですから、冷え性、肩こりにも効果的です。 その他にも、浴槽にグレープフルーツのアロマバスを入れても効果的です。目安としては、5滴以下のアロマバスを落としてかき混ぜます。そもそもグレープフルーツのアロマバスには、食欲を抑える効能があるといわれています。スリムな身体を保ちたい女性には、最適といえます。